ベランダ菜園情報

1人暮らしはベランダ菜園で節約!始めるメリットは?

農業の経験もないし一人暮らしだから世話が大変そう、となかなか一歩が踏み出せない方もベランダ菜園の魅力を知ればやってみたくなるはずです。

今回は、一人暮らしでベランダ菜園を始めるメリットと魅力について紹介します。

1人暮らしのベランダ菜園!始めるメリットがこちら

1・少ない負担で楽しめる

家庭菜園というと土作りから収穫まで重労働というイメージがありますが、スペースの限られるベランダ菜園ならそれほどの負担はありません。

作業量は一人でも十分な程度で、仕事終わりや休日の空き時間を利用すれば問題なく畑を維持できます。

時間の都合でなかなか打ち込める趣味が見つからないという人も、負担の少ないベランダ菜園なら長く続けられる楽しみになるでしょう。

肉体的、時間的負担に加え経済的な負担が軽いのもベランダ菜園ならではの魅力です。

初期投資が必要なのはプランターに土と肥料、最低限の園芸用品と野菜の種や苗のみです。ベランダ菜園の規模なら1万円もあればお釣りが来るほどで、趣味にかかる費用としてはかなり安上がりに始められます。

野菜の世話も種類によって異なりますが、ベランダ菜園の規模なら大した手間はかかりません。水や肥料も適量を守って与えるだけですし、防虫対策などもプランターレベルならちょっとした空き時間で十分です。

一人暮らしだと新しいことを始めるとしても全て自分で責任を負わなくてはいけないので簡単に決断できないものですが、負担の少ないベランダ菜園なら気軽に始められます。自宅に居ながらにして世話ができるので気が向いたときにちょっと手を入れるという気張らない楽しみ方も魅力です。

 

2・育てる喜びで日々のストレスもリフレッシュ!

何かが成長する姿を見守るというのは人として根源的な喜びが感じられる行為のひとつです。

懸命に世話をしてスクスクと成長していく菜園の野菜達の姿を見守っているだけで日々の生活でたまったストレスもスッキリとリフレッシュすることでしょう。

世話をすることそのものも大きなリフレッシュ効果が期待できます。自ら手を汚して土をいじるのは想像以上に楽しいものです。子どもの時の気持ちを思い出して無心になって菜園の手入れに励んでいると時間を忘れるほど夢中になってしまいます。

忙しい毎日の中で忘れかけていた自然とのふれあいを通じて人間らしさを取り戻し、新たに自分を見つめなおすきっかけもつかめます。

 

一人暮らしの部屋の中では季節感を感じられるものが少なく、忙しく過ごしているうちに今がいったいいつなのか季節を忘れてしまうこともよくあります。

ベランダ菜園のスケジュールは自然の季節に左右されるので常に季節の移り変わりに気を配るようになります。うんざりするような真夏の暑さも植物に太陽の恵みをもたらしてくれると思えばありがたいものです。

自然の厳しさとありがたさを感じることでちっぽけな悩みを吹き飛ばす充足感が得られます。

3・手作りの新鮮野菜は何よりの楽しみ

家庭菜園の最大のメリットといえば手作りの野菜を味わえることです。ベランダ菜園でも収穫の楽しみは変えがたいもので、苗や種から育てた野菜を収穫し新鮮なうちに味わえるのは何物にも変えがたい喜びです。

ベランダ菜園の野菜よりも買ってきた野菜のほうが味も形も上、などと無粋な言葉に耳を傾ける必要はありません。収穫した野菜にはこれまで傾けてきた努力と愛情がたっぷり詰まっています。

少々形が悪かろうが大きさが不ぞろいだろうが我が事も言える野菜の味は世界に1つだけのかけがえの無いものです。自分で育てた野菜を味わえるのは家庭菜園に挑戦した人だけに与えられる特権です。

そのまま生野菜で食べるのも、素材の味を生かして調理するのも、全てはベランダ菜園を愛情いっぱいに世話してきた人だけに許される特別な楽しみです。

 

 

手間のかかる家庭菜園もベランダ菜園の規模なら一人暮らしでも十分に管理できます。収穫した野菜を味わう楽しみももちろんですが毎日の世話も楽しみとなるのがベランダ菜園の魅力です。

一人暮らしの部屋のベランダ程度の広さでも喜びはいっぱいです。一人暮らしでも打ち込める趣味を探しているのならベランダ菜園を強くオススメします。